メニュー
文字サイズの変更
標準
背景色の変更
標準
音声読上げ版
最新情報2
2014年12月05日 (金) 20:56

ホームページ作成管理システム@WEB:Ver.5 @PAGE:Ver.7 サービス開始


@シリーズ バージョンアップ開発の背景

インターネットは、その通信速度や利用機器の能力向上及び価格低下に伴い、世界全体に急速に浸透し、ICT産業にとどまらず、他の産業や社会全体、企業のビジネスモデル、個人のライフスタイルなど様々な領域で大きな変化をもたらしています。
また、最近のスマートフォン等機種の多様化、OSの多様化は、従来の市場競争のあり方を根本から変え、個々の企業の競争力・業績に大きな影響を与えています。
 一方、地域においては、デジタルデバイド(情報利用における格差)の問題があり、地域中小零細事業者や農業者等において、未だインターネットをビジネスに有効に活用できていない状況があります。
その最大の原因は、コンピューターリテラシー(活用能力)の問題です。
インターネットは、利用機器の多様化や通信環境の整備により簡単に利用できるようになりました。
しかしながら、地域中小零細事業者や農林水産事業者においては、高齢化の問題、コンピューター習得の機会が無い、作業時間が無い、費用がかかる等様々な理由により、未だホームページの作成や運営管理を行えない状況です。 
弊社では、2000年から、中小零細事業者向けの「@PAGE」という「独自CMS」の開発を行っていますが、その後、一般企業向け単体ホームページ作成型:「@WEB」や、大規模・複数ホームページ作成型:「@WEBエンタープライズ」の開発を行ってきました。
ここ数年、ホームページ作成環境は、利用機器の多様化、OSの多様化等によりユニバーサルデザインへの対応が大幅に変化しています。
今回のバージョンアップ開発は、こうした環境変化に中小零細事業者や農林水産事業者等でも対応できる新システムを多数開発し採用しています。

新@シリーズ @WEB Ver.5 @PAGE Ver.7 の新規機能概要

1. 画像取得・画像処理への対応システム(改良 新@シリーズ装備)

デジタルカメラや画像処理ソフトが利用できない場合でも、パソコンにウェブカメラを接続することによって、ウェブ上での画像取得や画像処理が可能な「LiveBuilder」が採用されています。
「LiveBuilder」は、ライブカメラ画像自動取得ウェブデータ作成サーバシステムとして特許第3924702号を取得しています。
また、パソコンから入力した写真の画像処理を簡単に行える「画像装飾システム」も採用されています。

2.アニメーション動画作成・配信への対応システム(新開発 新@シリーズ標準装備)

プログラム(HTML5 、JavaScript言語)によるアニメーションシステムであるスライドショー、スライドアニメーション、スライダー、ニュースティッカー等の複数のアニメーションシステムが採用されています。
スライドアニメーションシステムは、弊社が独自に開発した高度なアニメーションを作成するシステムで、中小零細事業者でもフラッシュのようなアニメーションを簡単に作成できます。 
しかも、作成したコンテンツをパソコンやタブレット端末にダウンロードし、デジタルPOPや電子看板等デジタルサイネージに利用できるように開発されています。
スライドアニメーションの事例は、http://www.demo.apos.jpでご覧いただけます。

3. ウェブ上ビデオ映像編集・配信システム(新開発 新@WEB標準装備)

本システムは、独自に開発したシステムで、中小零細企業でもホームページに発信するビデオ映像をウェブ上で簡単に編集・発信ができる ようになっています。不動産物件案内、商品案内、農場案内等のビデオ映像の編集 や発信が簡単にできます。    


4.「@更新」アプリケーションソフト:(音声入力、タッチ式入力対応)

キーボードが利用できない場合でも、音声入力、タッチ式入力でホームページの更新が可能です。
開店・閉店、待ち時間、待ち人数等営業状況表示は、ワンタッチ操作で変更できます。
臨時ニュース表示システム、文字・画像の更新、映像配信(YouTubeAPI)にも対応しています。
(2012年9月12日 日本経済新聞掲載)

5.ウェブアクセシビリティシステム(新開発 新@シリーズ標準装備)

障害者・高齢者等情報弱者に対応するウェブアクセシビリティシステムを中小零細事業者でも簡単に対応できるようにCMS化しています。
CMS化したウェブアクセシビリティシステムには、フォント設定システム、文字サイズ変更システム、背景色変更システム、音声読上げ版システムが有ります。

6.その他のウェブユーザビリティ対応システム(新開発 新@シリーズ標準装備)
(1)スマートフォン版、携帯版、音声読上げ版作成システム
すべてのユーザーが、OSや利用機器に左右されず、何時でも、何処でも利用できるようにパソコン版を作成すると、スマートフォン版、携帯版、音声読上げ版の各ホームページが簡単に設定できるシステムが採用されています。
(2)固定メニューやリストメニュー
パソコンやタブレットの利用において、閲覧者や作成管理者が1秒を節約できるようにホームページや管理画面に、固定メニューやリストメニューを簡単に設定できるシステムが採用されています。
バックボタンやスクロールバーを利用しなくてもページ間移動、ページ内移動ができる固定メニューシステムが採用されており、ページ作成時に簡単に設定できます。   
(3)MyMenuシステム
ホームページの管理画面には、頻繁に利用する機能を上部に集約できる「MyMenuシステム」が採用されています。
「MyMenu」システムの管理画面もスマートフォン版に対応しています。
(4)サイト内検索システム
PC版やスマートフォン版に簡単に設定が可能な「サイト内検索システム」も採用されています。