メニュー
文字サイズの変更
標準
背景色の変更
標準
音声読上げ版

その他特殊WEBシステム開発構築


GIS連動ロボット検索エンジン(G-Attole)

◆ GIS連動ロボット検索エンジン(G-Attole)の概要

ロボット検索エンジンは言葉を検索しているため検索結果の情報の場所を把握できない事を解決し、検索結果の位置を地図表示・確率の色別表示等を可能とするシステムです。
(特許3984263号:特願2007-032704)

地図連動ロボットサーチエンジン G-Attole

◆ GIS連動ロボット検索エンジン(G-Attole)の主な機能

  1. ホームページ検索結果一覧と地図を同時表示
  2. キーワードの存在する各ページの発信位置を地図表示可能
  3. 検索重要度評価を地図上に地点色別表示可能
  4. キーワードの存在する各ページまでの距離を検索一覧に表示することが可能
  5. 距離条件でキーワード検索することが可能

各種地図対応

Google Maps APIの他、地理院地図(旧電子国土:国土地理院)、YOLP(Yahoo! JavaScriptマップAPI)、Bing Mapsに対応した開発が可能です。

各種検索エンジンの開発

位置情報と連動するGIS連動ロボット検索エンジンの他、インデックス、検索結果に位置情報・地図上表示を含めない一般的な検索エンジンの開発も可能です。エンタープライズサーチ(企業内検索)、サイト内検索に対応しています。

◆ GIS連動ロボット検索エンジン(G-Attole)の特徴

1. ホームページ・ドキュメントの追加・更新

サイトを登録、またはディレクトリ等を管理画面より登録することで、自動でサイト内のホームページやドキュメントをクローラーにより取得します。

2. 自動クローリング、インデックス機能

クローラーにより定期的にホームページのコンテンツ、ドキュメント等を取得して解析、インデックス化までを自動化します。クロールの周期については、定期的に行うパターン、ドキュメントの更新頻度によって動的に変化するパターンを選択可能です。

3. クロールの状況をグラフにより視覚化

定期的にクロールを行った結果をサイトごとに日別、月別でグラフ化しクロールの状況を確認することが可能です。これによりホームページやドキュメントの更新・増加傾向を視覚的に判断する事が可能です。

4. ランキングアルゴリズムのカスタマイズ

特定のタグやキーワードに応じて重み付け処理等、ランキングアルゴリズムのカスタマイズが可能です。また、特定のサイトやドキュメントに対する重要度のカスタマイズにも対応しています。

5. 言語解析

言語解析には、形態素解析として標準でKuromojiを利用します。他の形態素解析システムや、N-gramも利用可能です。

6. ユーザー定義辞書

基本辞書に加えて地域・企業による様々な単語等を処理するためのユーザー定義辞書について、管理者により簡単に追加・編集が可能です。

7. カテゴリ機能

全文検索の他、カテゴリ分けされたホームページやドキュメントに対してのハイブリッド検索の構築も可能です。カテゴリ分類については地域や職種に応じてカスタマイズが可能です。

8. 検索結果のデザインカスタマイズ

検索結果表示画面に対して自由にカスタマイズすることが可能です。

9. 複数サーバ対応

1台のサーバで処理しきれないような大量のホームページ・ドキュメントで検索エンジンを構築する場合でも、複数のサーバに分散して検索を行うクラスタ機能を利用することにより対応が可能です。


各種データベース構築

MySQL、PostgreSQL等をはじめとした各種オープンソース系のRBMSを使用して各種データベースの設計・構築から運用・保守までを行います。

 例) 不動産管理システム、オンラインカタログ、製品データベース、各種受付、人材管理等

クラウド&スタンドアローン対応
データベースはクラウド上で、かつセキュアに管理、また個人情報等重要な情報の場合スタンドアローンとしてお客様の設備内での構築も可能です。
クラウド上で管理することで、ウェブ上オンラインカタログや各種受付システム等と連携し管理・情報発信も容易に可能です。


◆ 各種データベース構築 特徴

1. オープンソース利用による低コストの実現

データベースとしてMySQL、PostgreSQL等を利用しソフトウェア費用を抑え、また外注(下請け)を使わず全て弊社内で開発を行うため余計なコストをかけず構築が可能です。

2. 短期間による開発

お客様のご要望から最適な規模と性能のデータベースをご提案し、これまでの実績・ノウハウを元に短期間による構築が可能です。

3. ユーザビリティの強化

ブラウザからのデータベース管理等をはじめ、納品後のデータベース管理を容易にすることでお客様の負担を軽減し、また情報を公開する場合等も閲覧者のユーザビリティ・アクセシビリティを考慮したデータベースの設計・構築を行います。


全方位映像地図誘導システム:全方位撮影システム

地図上の道路を経路選択または、基点ごとに進路方向を選択することにより、誘導矢印がその方向に進行するとともに、その間の経路上実写映像が表示され地図上を誘導する事が可能なシステムです。施設や都市の案内、防災支援システムとして津波避難対応ハザードマップの誘導等様々なシステムに応用が可能です。

1.システム特徴

  • 地図の矢印誘導と全方位実写映像の同期
    実写映像と地図上の現在地の誘導矢印が同期し、表示されている映像の方角や進行方向、スピードや位置が確認できます。
  • 誘導映像再生時の操作
    実写による誘導映像は早送りや巻き戻し、スピードの調節や拡大・縮小任意に可能です。
  • 通信回線上で動作可能
    ストリーミングによりインターネット回線を通して公開が可能です。

2.撮影方式

全方位カメラ、全天球カメラに対応した撮影機材を使用します。

  • 全方位カメラ
    周囲360度の映像を撮影可能です。
  • 全天球カメラ
    天地を含めた周囲360度の映像を撮影可能です。

3.誘導方式

  • 経路探索方式
    地図上の任意の2点を選択すると、地図の最短経路が自動で計算され経路上を誘導矢印が進行し、同時に経路上の実写映像が連続再生されることで誘導が可能です。
  • 自由選択方式
    地図上の任意の基点を指定し、次の基点までの経路上を誘導矢印が進行し、同時に経路上の実写映像が連続再生されます。次の基点に到達すると希望の方向を選択可能です。

4.全方位撮影システムの応用利用

  • 遠隔地からの街の回遊疑似体験
  • 街の様子・交通情報の提供
  • 観光施設案内、観光情報の提供
  • 防災システムとしての利活用
  • 立地調査、不動産の案内
  • 美術館、博物館、テーマパーク等の施設案内

例1)茨城県つくば市内中心地区の誘導・回遊

地図誘導映像システム V-mavi360

例2)津波避難対応ハザードマップ連動防災支援システム

津波避難対応ハザードマップ連動全天球映像誘導防災支援システム