メニュー
文字サイズの変更
標準
背景色の変更
標準
音声読上げ版

画像処理・画像装飾システム


画像処理ソフトなしで画像リサイズ・画像装飾が可能!

画像処理ソフトをお持ちでない場合や、スマートフォン等利用機器の都合で、事前に画像のリサイズ・装飾ができない場合に、ウェブ上(クラウド)で処理することが可能です。 この機能を利用すれば、PCだけでなくスマートフォンやタブレット端末からでも、画像を任意のサイズに調整したり、角丸・ぼかしといった装飾をホームページ更新の画像入力ボタンから簡単に行うことができます。


画像リサイズ(サイズ調整)・画像装飾ボタンと操作管理画面

◆ リサイズ・装飾ボタン

@PAGE及び@WEBにおいて、画像入力画面は以下のようになっています。画像を入力する場合には、参照ボタンを押して画像を選択すると入力されますが、画像リサイズ・装飾を行う場合は、まず初めに画像参照入力枠の右にある「リサイズ・装飾」のボタンをクリックして加工します。

画像入力 管理画面
操作設定管理画面

◆ 操作管理画面

上記の「リサイズ・装飾」ボタンを押すと右のイメージ画面が表示されます。
表題部には、「画像リサイズ(サイズ調整)・画像装飾設定画面」と記載されています。

右の赤字の部分が「1.画像リサイズ」の画面です。
の範囲部分が画像装飾の操作画面です。

この管理画面で、「画像リサイズ」と「画像装飾」を行うことができますが、同時に作業することができません。

入力時に、「画像リサイズ」と「画像装飾」をする場合には、最初に画像リサイズを実施登録し、再度、管理画面を表示して画像装飾をします。


画像リサイズ機能と利用方法

画像リサイズ機能とは、画像処理ソフトの活用ができない場合やスマートフォン等利用機器の都合で事前に画像サイズの縮小ができない場合に、ウェブ上で縦横比を維持したまま画像サイズを 自動的に縮小できる機能です。 この機能を利用すれば、スマートフォンやタブレット端末からでも、サイズを任意のサイズに調整してホームページ更新の画像入力を行うことが可能です。

◆ パソコン版ホームページ表示画面

デジカメやスマートフォンで撮影した写真を入力し「画像リサイズ」で「横幅320ピクセル」を選択し登録すると、以下のパソコン表示イメージのように画像サイズ(横320ピクセル)の画像と文章の入力が可能となります。

サイズ縮小・角丸の装飾を施した写真
スマートフォンで表示した角丸写真

◆ スマートフォン版ホームページ表示画面

@PAGE及び@WEBでは、左図のスマートフォン版のホームページのように、パソコン版のホームページをもとに、利用しているスマートフォンの画面サイズに合わせて自動的にのように縦表示されます。

なお、本事例の写真は角が丸くなっていますが、「2.画像装飾」の「(1)角丸フレーム」を利用して写真の角を丸くしています。


画像装飾機能とは

画像装飾機能とは、各情報入力画面で画像を入力する場合、入力した画像をあらかじめ用意されている「角丸」、「ライン」、「ぼかし」、「ポラロイド」、「シャドウ」の装飾機能を選択して登録すると、登録する画像に装飾効果が反映される機能です。
これにより、フォトショップ等のような機能のあるソフトを利用しないとできなかった画像処理が簡単にできるようになります。

前記の「1.画像リサイズ機能と利用方法」におけるいちごの事例画像は、「(1)角丸フレーム」を選択した事例です。
以下のイメージは、入力した画像を「ぼかしフレーム」の装飾によりぼかし加工したイメージです。

画像のまわりをぼかす加工イメージ

画像装飾の方法

画像装飾における入力画面は下のイメージであり、(1)角丸フレーム、(2)ラインフレーム、(3)ぼかしフレーム、(4)ポロライドフレーム、(5)シャドウフレームの5つの装飾から機能を選択し操作します。

装飾設定 管理画面

(1) 角丸フレーム

表示画像をクリックするだけです。
角丸は、アンチエイリアス(なめらか処理)で表示できます。

(2) ラインフレーム

写真の枠に、色を付けます。枠の幅も指定できます。
線の幅と色を指定し「設定完了」ボタンをクリックします。

(3) ぼかしフレーム

(4) ポロライドフレーム

(5) シャドウフレーム

上記3つの機能については、選択する画像イメージの下にサイズが記載されており、そのサイズをクリックします。
ぼかし・ポラロイド・シャドウについては、指定する画像サイズは、入力する画像サイズと一致する必要があります。
一致していない場合、ぼかし・ポラロイド・シャドウの効果が適正に表示されません。